世の中にはさまざまなセミナーが開催されていますが、セミナー終了後にアンケートを実施している方も多いのではないでしょうか。

セミナーアンケートは参加者の生の声を知ることができ、次回セミナーの改善や新しいビジネスチャンスにつながる可能性もあります。今回はセミナーアンケート作成時に、設置しておくと次回セミナー改善に役立つ項目や、回答率を上げる設定・機能を分かりやすく解説します。

セミナーアンケートの項目を考える

まず最初に、セミナーアンケートの質問項目を考えます。
ポイントとしては、下記の2点。

  • 基本は選択形式の項目で質問し、自由記述は少なくする
  • 重要項目は先に質問する

自由記述だと、回答時間がかかり回答率の低下にもつながります。回答は選択形式にすることで回答へのハードルを下げることができます。また、アンケートは後の質問になるほど回答率が低くなります。答えてほしい項目は先に質問しましょう。

■セミナーアンケートの質問項目例

  1. セミナーを知ったきっかけ
  2. セミナーに参加した理由
  3. セミナーで他に取り上げてほしいテーマ
  4. セミナーの満足度
  5. 参加した感想
  6. 企業名
  7. お名前
  8. メールアドレス
  9. お電話番号

セミナーアンケートの作成

では、フォームメーラーでセミナーアンケートを作成していきましょう。
まずは、「新規フォーム作成」ボタンをクリックし、「一般フォームを作成」を選択します。フォームが作成できたら、「項目編集」をクリックします。

フォーム一覧

冒頭にアンケートへの協力をお願いする

まずはアンケートへの協力をお願いする導入文を作成します。アンケートの目的や目安時間も記載すると回答数のアップが期待できます。
導入文は「テキスト・表組み」項目を設置し、テキストを編集してください。

■導入文の例文

本日は、セミナーにご参加いただきありがとうございます。アンケートへのご協力をお願いいたします。
皆様の貴重なお声をもとに、◯◯◯の向上・改善に努力して参りますので、
ぜひご協力くださいませ。
質問数: ◯問
回答時間: ◯分程

セミナーを知ったきっかけ、参加した理由項目を設置する

セミナーを知ったきっかけやセミナーに参加した理由などを質問する時は選択式の項目を設置してください。
選択式にすることで回答者の負担を軽減し、スムーズに回答してもらえます。

選択式にする

■選択式ならこの項目

・ラジオボタン
選択肢の中からひとつだけ回答してもらいたい時に

・チェックボックス
複数選択可能にしたい時はチェックボックス

・セレクトリスト
たくさんの選択肢を用意したい場合に

「その他」には条件項目がオススメ

セミナーを知ったきっかけなど選択式の質問において、条件項目を利用して「その他」の項目も設置できます。

セミナーを知ったきっかけなど選択式の項目に「その他」の選択肢を設定。

一行テキストまたは複数行テキストを設置。

「表示の条件を設定する」を設定し「その他」が選択された時にテキストフィールドが表示されるように。
自由記述で「その他」について回答してもらいましょう。もし、回答を集計して「その他」が多い場合は次回アンケートで選択肢を見直す必要もあります。

絶対回答してほしい項目には必須設定

絶対回答が欲しい項目は必須設定にしましょう。設置した項目をクリックすると、項目ごとの設定を編集できます。
絶対回答してほしい項目は「入力必須にする」に設定してください。

絶対回答してほしい項目は「入力必須にする」に設定

注釈で回答方法を分かりやすく

項目に注釈を表示すると、回答率UPを期待できます。
例えば、チェックボックスを使った項目を設置した場合に「複数選択可」と注釈を入れたり、回答例を表示すると回答者も質問に答えやすくなります。

設置した項目をクリック、「注釈」にテキストを入力してください。

設置した項目をクリック、「注釈」にテキストを入力

セミナーの満足度(マトリックスリスト)を設置する

セミナーの満足度を調査したい場合は、マトリックスリストを利用しましょう。マトリックスリストは同じ選択肢を使って複数の項目に回答・評価してもらいたい場合にオススメです。
セミナーのテーマや時間、講師の対応などの評価を同じ選択肢を使って質問し、次回セミナーの改善に役立てましょう。

マトリックスリスト

信頼を高める個人情報の取扱い表示設定

セミナー参加者の情報を可能な限り取得したいなら、信頼を高める個人情報の取扱い表示設定がオススメです。「名前」「メールアドレス」「電話番号」「企業名」などの個人情報は、次のセミナー情報や商品の関心を高めるお知らせを継続的に提供するために役立ちます。
しかし、個人情報を入力することに不安を感じる回答者もいます。個人情報がどのように取り扱われるのか回答者に伝えることで、納得してアンケートに答えてもらうことはとても大切です。

【「個人情報の取扱い」または「規約」を設定】をクリック。

「個人情報の取扱い」または「規約」を設定

「個人情報の取扱い表示設定」を「表示する」に設定。
個人情報の取扱いについて記入してください。

個人情報の取扱い表示設定

セミナーアンケートにオススメ環境設定

フォームを公開する

項目編集が完了したら、フォームを公開します。
「環境設定」をクリックし、「公開設定」を選択します。
「PC」「スマートフォン」を「公開する」に設定してください。
アンケートはセミナー参加者のみに共有することになるので、「検索エンジンでメールフォームを非表示にする」も設定しましょう。

公開設定

セミナー終了後にQRコードを使ってアンケートを共有

会場で行うリアルなセミナーの場合、最後にアンケートに回答する時間を設けて回答率を高めましょう。講師の丁寧なアナウンスとQRコードでアンケートを共有し、来場中に回答してもらうのはオススメです。

「コード表示」をクリック。ページにQRコードが表示されるので右クリックで画像を保存してセミナーで共有してください。

QRコード

アンケートの集計や次回セミナーも楽々

レポート画面で集計も楽々!グラフ表示で分かりやすい!

セミナーアンケートの回答はレポート画面で確認できます。回答集計の手間なく、結果をグラフなどで分かりやすく閲覧できます。

また、集めたセミナーアンケートの回答はCSVファイルとしてダウンロード可能です。セミナー後の参加者へのフォローなどにダウンロードしたファイルを活用ください。

CSVファイル

フォームを複製すれば、次回セミナーアンケートも秒で完成!?

次のセミナーを開催する時もアンケートは必須です。同じテーマを扱う場合や同じような項目を質問する場合はフォームを複製しましょう。

「フォーム一覧」で複製したいフォームの「複製する」をクリックすると同じ内容のフォームが作成されます。複製したら、フォーム名や設定を編集して次のセミナーで利用してください。

複製する

次回へつなげるセミナーアンケートを作ろう

セミナーアンケートは参加者の生の声を聞ける大切な機会です。セミナーアンケートに必要な項目を少し考え、最適な設定をすることで次回セミナーの満足度を高めることにもつながります。

ぜひ、一度記事を参考にしながらセミナーアンケートを作成してみてください。

フォームメーラーMagazineではフォーム作成に役立つ情報を随時紹介しています。
初心者向けのフォームメーラー機能紹介や少し高度なノウハウ記事など、成約率UPや成果が出るフォームへのヒントが掲載されているかも!?
ぜひ、他の記事もご覧ください。

▼フォームメーラーMagazine
https://blog.form-mailer.jp/